更新情報
一覧はこちら

【特集】赤ちゃん・子連れおすすめスポット

hakubutsu2

幼稚園に入園してしまうと、平日のお昼に遊べることが少なくなります。 そのため、今のうちに遊びに行って楽しんでい … すべてを読む

◆SKHN:なべさん

station4

生後1カ月半の息子を連れて先日品川駅より新幹線に乗車いたしました。 ゆとりをもって行動したいということもあり、 … すべてを読む

◆SKHN:quckam

costco1

「子どもを連れて、どこ行こう?」となった時に、最近ハマっているのがコストコ。 住んでいる東海地方の中部空港倉庫 … すべてを読む

◆SKHN:KIKO

注目ママ記事

もっと見る
baby1

まさか、自分が海外で出産を経験するとは思っていませんでした。 2015年3月に結婚してから、思いのほか早く妊娠 … すべてを読む

◆SKHN:AT

01

妊娠4カ月と8カ月の頃に、友人の結婚式に出席しました。 ドレスや靴はどうすればいいの?何か注意することは? な … すべてを読む

◆SKHN:菜月

origami1

寒い日、雨の日、子どもと何をして過ごしますか? 最近、私がハマっているのはおりがみ。 子どもと一緒に、遊ぶ材料 … すべてを読む

◆SKHN:なべさん

nyuen1

4月から、娘がやっと幼稚園に入園します! 赤ちゃんの頃から共に歩んでいる私としては、「もうそんな時期!」と驚く … すべてを読む

◆SKHN:KIKO

01

「子は親の鏡」という有名な言葉をご存知ですか? 子供のふるまいを見れば、その親がどんな親であるかを知ることが出 … すべてを読む

◆SKHN:きりたん

02

赤ちゃんが生まれて、5~6ヶ月を目処に始まる「離乳食」 それまで、母乳やミルクだけを飲んでいた赤ちゃんが、「食 … すべてを読む

◆SKHN:きりたん

1

主人の会社の親睦会で、同じ年齢の男の子が持っていたので、子どもが乗りたがるようになったバランスバイク。 ついに … すべてを読む

◆SKHN:なべさん

1

みなさんは宅配サービスを使っていますか? 我が家は実は使おうと思ったものの、配送料がかかったりすることを考えて … すべてを読む

◆SKHN:KIKO

1

もうすぐ、いや来週ぐらいに3人目を出産予定のアラサーママです。 妊娠9か月のお腹ポンポコリンの状態まで仕事をさ … すべてを読む

◆SKHN:maimarai30

2

妊娠に気づいてから、辛いつわりを乗り越えるまでの経験談です。 親への報告より先に上司に妊娠がバレちゃった! 妊 … すべてを読む

◆SKHN:菜月

今月の人気記事TOP10

妊娠前
基礎体温をつけて、排卵日や自分の体調をチェック!
妊娠初期
安心して出産するには、自分に合った産婦人科選びを。
妊娠後期
臨月を迎えたら安産のためにも、体調管理には充分注意!
妊娠後期
いよいよカウントダウン!ようやくベビーとご対面!
出産
出産後、変わってしまった体型を戻す産後ダイエットはコレ!
育児
親からの最初の贈り物。赤ちゃんの命名はよく考えて!
妊娠中期
そろそろお腹が邪魔になる時期。動作に気をつけて!
育児
1人遊びが上手になる反面、夜泣きでママはくたくた……
育児トラブル
おむつかぶれから赤ちゃんのデリケートな肌を守ろう!
育児グッズ
失敗しないベビーシューズの選び方はコレ!
ママの悩みはママが一番よくわかる「すくカレ掲示板」

妊娠と出産と赤ちゃん

大切な我が子の妊娠が分かったその日から、すでに「赤ちゃん」との生活は始まっています。
まだお腹の膨らみは目立たなくても、その中で小さな命が少しずつ育っているのです。
お腹の赤ちゃんと共に過ごす貴重なマタニティーライフを穏やかで、楽しいものに
していきましょう。『すくカレ』は、妊娠から出産、育児にいたるまで、
新米ママの不安や疑問を解消するお手伝いをします。

赤ちゃんとのコミュニケーション

ママの気持ちは伝わる

待ち望んだ赤ちゃんの妊娠がわかり、大喜び!その一方では、不安も色々とあるでしょう。それが初めての妊娠なら、尚更です。
でも、お腹の赤ちゃんと一緒の大事な期間をただ不安いっぱいに過ごしていたら、ママのその気持ちは赤ちゃんにも伝わってしまいます。ですから、出産に向けて心配事などもあるかもしれませんが、できるだけ穏やかに自分なりにマタニティーライフを楽しみたいものですね。ママが笑顔でいると、赤ちゃんも喜びますよ!


マタニティフォト

マタニティフォト

出産後や育児中に赤ちゃんの写真を撮るパパ、ママは多いでしょう。でも、妊娠中の姿を写真に残す人は、少ないかもしれませんね。
妊娠は、神秘的でとっても素敵な体験です。そんな貴重な体験をしている自分を写真に収めてみませんか?とても良い記念になるでしょう。

お好みの方法で

フォトスタジオでは、マタニティフォトのプランが用意されているところも多くなりました。また、専門のスタジオも増えてきているので、大切な記録をプロの手によって残したい……そんな人には、マタニティフォトの専門スタジオで撮ってもらうことをお勧めします。 もっと手軽に撮りたい人は、スマホやデジカメなどを使っても良いですね。モノクロで撮ったり、出来た写真に落書きしたりと、アプリや写真加工ソフトを利用すれば、オリジナリティ溢れるマタニティフォトの完成です。



copyright 2008 ママと赤ちゃんのすくすくカレンダー All Rights Reserved.
【関連サイト】